■ Various / American Rag Cie Presents Jazz Cats Vol.2 惑星ハイウェイ〜首都高湾岸線から月へ (P-VINE) CD [2004]

736.jpg
人気セレクト・ショップのAmerican Rag Cie(私も好きです)が主宰する、ジャズを軸にしたイベント「Jazz Cats」の雰囲気をそのままパッケージした様なコンピレーションの第2弾を御紹介です。

選曲は、そのイベントでスピンするJazzy SportのWassupski、Naoki Nishida、DJ Choku & Masaya Fantasista、Beams RecordsのSunny Sappa、Nothin But RecordsのYuuki、Timor & Kacchill(3rd Eye Crew)、Pipparatree(American Rag Cieの9人。Unreleaseのものから、初CD化のものまで収録。しかしながら、Hip HopからClub Jazz、Rare Grooveまでと、その選曲センスは素晴らしいものがあります。

ハイセンスでありながら、単なるお洒落に留まらない、黒いグルーヴのソウルフルな楽曲が詰まったオススメのコンピレーションです。Waajeed, Build An Ark, Quasimoto, N'dambi等収録と、ちょっとマニア向けです。最近よく聴いてます。

TRACK LISTING

01. Wizdom Life / Where You At
02. Moonstarr / Movin' On Remix Featuring Tash
03. Waajeed / Starz
04. Oneness Of Juju / African Rhythms [Original 45 Version: Part 1]
05. Quasimoto / Astro Black
06. Kazi / Down For The Kaz
07. Build An Ark / Vibes From The Tribe
08. Build An Ark / Temple Jam
09. N'dambi / Call Me [Yam Who? re-edit]
10. Rednose Distrikt / Ny Boom [Domu remix]
11. Afronaught / Transcend Me featrurig Melissa Browne
12. Damn! / Lwaving This Planet / Warp Factor 8
13. DJ Mitsu The Beats / Negative Ion [Sa-Ra Mix]
14. Rah Band / Clouds Across The Moon

LISTEN: http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=774343&GOODS_SORT_CD=101

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif


■ Yesterdays New Quintet / Stevie (Stones Throw) CD [2004]

311.jpg
ヒップホップのラッパー/プロデューサーで、Lootpack、Quasimoto、Sound Directions等、様々な名義を使い分ける男、Madlibによるインストゥルメンタル・ジャズ・プロジェクトが今回御紹介する、Yesterdays New Quintetです。

構成メンバーはAmhad Miller(Vibe)、Malik Flavors(G)、Monk Hughes(Bass)、Joe McDuffrey(Key/Rhodes)、Otis Jackson Jr.(Drums)の5人。とは言っても、全てマッドリブの自作自演。そしてOtis Jackson Jr.はマッドリブの本名です。このアルバムはYNQのセカンド・アルバムで、タイトルからもお分かりの通り、収録曲全てがStevie Wonderの楽曲のカヴァーです。いや、これはカヴァーと言うよりはStevieの楽曲を基にマッドリブなりのStevieへのオマージュで、ジャズによる再構築を施した様な作品です。

このロウ・ファイな質感と洒脱感、そしてメロウネス。全てサンプリングにより作り上げられたという、マッドリブの異端ぶりが発揮されたこのソウルフルな作品は、間違い無く音楽史に残るであろう革命的作品です。

TRACK LISTING

01. Prelude
02. Superstition
03. Visions
04. Superwoman / Where Were You Last Winter /Interlude One
05. Rocket Love
06. You've Got It Bad, Girl /Interlude Two
07. Send One Your Love
08. Too High
09. I Am Singing /Interlude Thre
10. Golden Lady
11. That Girl

LISTEN: http://www.hmv.co.jp/product/detail/1875311

関連サイト: www.myspace.madlib

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif

■ Alison Crockett / The Return Of Diva Blue : On Becoming A Woman Redux (Village Again) CD [2006]

via0038.jpg
まさにNeo Soul Meets Club Music。NY出身のヴォーカリスト/ピアニストでDonna Summer、Sarah Vaughn、Erykah Baduから影響を受けた、渋い歌声が特徴的なAlison Crockett。様々なプロジェクトに参加し、一部の間ではかなりの高い評価を受けている彼女のセカンドアルバムを御紹介です。

今作はトラックリストを御覧頂ければお分かりの通り、現在のクラブ・ミュージック界で名を轟かせる豪華なプロデューサー陣が参加。ネオ・ソウルの楽曲もあればハウスもあり。多彩なトラックの上を彼女のソウルフルな歌声が華麗に舞う素晴らしい1枚です。個人的にはYam Who?プロデュースの『U R』がこの中ではベスト・ワークかと。でもSpinnaの『Crossroad』もいいんだよなぁ。Erykah Baduの『On & On』のライヴでのカヴァーも良い。彼女の才能が輝く名作です。

TRACK LISTING

01. Crossroads (DJ Spinna Remix)
02. Nappy (Waiwan Remix)
03. When I Think Of You (Mark De Clive-Lowe Remix)
04. Alive (Phil Asher's restless soul mix)
05. What We Do Now (Landslide Remix)
06. Like Rain (Yam Who? Rework)
07. U R (Yam Who? Rework)
08. Save Me (Sophie Delila Remix)
09. Embrace Me (Crockett Gallery Mix)
10. Imgonnacome (blue chai martini mix)
11. Crossroads (Cleve's Horn Breakbeat House Remix)
12. On And On (Live At La Scene Bastille, Paris) Bonus Track For Japan

LISTEN: http://www.juno.co.uk/products/213218-02.htm

関連サイト: alisoncrockett.com : myspace.alisoncrockett

オンラインストアで購入
Alison Crockett - The Return of Diva Blue - On Becoming a Woman Redux

■ Various / On The Corner Joyful Grooves! (P-VINE) CD [2006]

PCD4347.jpg
P-VINEからリリースされたJazz、Soul、Funk、Jazzy Hip Hopまで、フロア・クラシックとして絶大な人気を誇る素晴らしい楽曲を一枚にまとめたコンピレーションを御紹介です。

収録楽曲は、言わずと知れた名曲から、カヴァーもの、こんなのもあったかという、ジャンルの垣根を越えた、とにかく高水準なものばかり。フリーソウル系のアッパーものが好きな方はコレも間違いなく好きなはず。先日御紹介したTenorio Jr.の『Nebulosa』のイントロ部分をサンプリングしたA.Y.B.Force『Carioca Moon』なんかも収録。個人的にDr.Buzzards Original Savanna Bandの『Sunshower』はやっぱり好きですね。とにもかくにも終始、最高な1枚。

TRACK LISTING

01. The Bamboos / Tighten Up
02. Touch Of Class / Love Means Everything
03. The Rebirth / Evil Vibrations (The Saturday Song)
04. Penny Goodwin / What's Going On
05. Billy Wooten / Day Dreaming
06. Fred Johnson / On A Clear Day
07. 52nd Street / My Favorite Things
08. Vince Andrews / Love, Oh Love
09. Tom Lellis / Lucky Southern
10. Joyce Cooling / It's You
11. 52nd Street / I've Got Just About Everything
12. The Big Fish / Happy Ever After
13. Barney Kessel / Meu Irmao
14. Alain Jean-Marie / Begonia
15. AlainJean-Marie / ChofeBiginLa
16. A.Y.B.Force / Carioca Moon
17. Bulljun / Theme From Full Time Play Boy
18. Dr.Buzzards Original Savanna Band / Sunshower

LISTEN: http://www.jetsetrecords.net/index.php?P=base&M=P&L=JP&CODE=612000570000

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif

■ James Taylor Quartet / A Taste Of Cherry (Real Self) CD [2006]

cherry.jpg
“Asid Jazz”ブームの中心的役割を担ったハモンド・オルガン奏者,ジェイムス・テイラー率いるジャズ・ファンク・グループ、ジェイムス・テイラー・カルテット(James Taylor Quartet)の最新アルバム『A Taste of Cherry』を御紹介。
1987年に「Asid Jazz」レーベルからデビューし、今までハモンド・オルガンに拘りつづけてきたJames Taylor。Jazz FunkにR&Bの要素を散りばめた作風は今作でも健在。今まで通りの疾走感溢れるグルーヴィーなインスト・ファンクは勿論、ソウルフルな女性ヴォーカルをフィーチャーした楽曲も収録。個人的にはアルバム中盤の『Dreaming Of You』のブレイク感がたまらなく好きです。

TRACK LISTING

01. Joe's Diversions
02. Opening Our Eyes
03. A Taste of Cherry
04. Kick It
05. Your Kind of Loving
06. Dreaming of You
07. Summer Song
08. Equinox
09. The In-Between
10. Dr Grits
11. It's All Over

LISTEN: http://store.mmagg.com/ec/html/item/001/007/item6749.html

関連サイト: JTQ.HOMEPAGE

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif
The James Taylor Quartet - A Taste of Cherry

■ Ino Hidefumi / Satisfaction (Innocent Records) CD [2006]

satisfaction.jpg
リリースした7インチ作品は瞬く間に市場から姿を消し、オークションでは高値で取引され、BBCラジオでオンエアされるなどヨーロッパでも支持を集める鍵盤奏者、Ino Hidefumi/猪野秀史のデビュー・アルバム。
美しくフェンダー・ローズでカヴァーされたYusef Lateefの『Spartacus』、Michael Jacksonの『Billie Jean』、Maria Muldaurの『Midnight At The Oasis』、Jackson5の『Never Can Say Goodbye』、Grover Washington Jr.の『Just The Two Of Us』等、馴染みの楽曲は、とても優美で情緒溢れるもの。メロウで、美しく心に残るフェンダー・ローズの旋律はちょっと今までなかったスタンスです。1曲だけピアノで弾いている楽曲が収録されていて、そこで聴ける猪野秀史さんの『タッチ』がまた、奥ゆかしいんです。2006年話題の美しい1枚。

TRACK LISTING

01. Spartacus
02. What Are You Doing The Rest Of Your Life
03. Why Are We At War
04. Billie Jean
05. Behind The Rainbow
06. Midnight At The Oasis
07. Love Theme From Spartacus #Piano
08. Madsummer Reminiscence
09. Solid Foundation
10. Just The Two Of Us
11. Soshu-Yakyoku
12. Never Can Say Goodbye

LISTEN: Ino Hidefumi Official Website

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif
INO hidefumi - Satisfaction

■ Big Bang / Essential Selection (Arision /celeste ) CD [2006]

ari026cover.jpg
イタリア出身UK在住、Arisonレーベルを自ら主宰するSimone SerritellaによるプロジェクトのBig Bang。『Arriving Soon』,『Way In Jazz』と2枚のアルバムをリリースし、Gilles Perterson、Nicola Conteを始め、松浦俊夫、小林径などのジャズDJが彼の楽曲をプレイ。本作は、Big Bangがこれまで発表してきた数々の名曲の中から、リミックスやリワーク楽曲を含む作品を収録した日本編集盤。外部の人間がリミックスした楽曲が収録されていることで、アルバムが単調にならず、様々な表情をみせる。日本人クラブジャズユニット、indigo jam unit による初のリワーク楽曲も収録。ハイセンスなヨーロピアン・ニュージャズ。ちなみにコレ、限定盤なのでお早めに。

TRACK LISTING

01. Yo Yo Jazz -Nicola Conte Rework
02. My Favourite Things
03. Another Day -Viper Squad Rework
04. To The Full Every Minute
05. Clouds
06. Speak Low
07. Smile In Your Eyes
08. Spinning 6 Turning 8
09. Lady - 4hero Rework
10. Batucada Mondiale
11. Summer Fields
12. Spiral Waltz -Indigo Jam Unit Remix

LISTEN: http://www.emusic.com/album/10979/10979896.html

関連サイト: Arision Recordings

オンラインストアで購入

Big Bang & Nicola Conte - Big Bang: Essential Selection

■ 藤原ヒロシ / Hiroshi's Kick Back (Private Mix) Vol.2 - Compiled By Hiroshi Fujiwara (Rush Production) MIXCD [2005]

hiroshi's kick back 2.jpg

音楽プロデューサー、アーティスト、ストリートカルチャーの牽引者等、多岐に渡る活動で、いまいちその実態の掴めない人ですが、記事を読んだりすると何かと興味を抱かずにはいられない藤原ヒロシ氏によるMIXCDをご紹介。

このシリーズは、彼が「20年前、ごく親しい友達のために、リラックスして聴けるような選曲でよく作っていた」というプライベートなMIXテープを再現するように編まれたもので、ソウル、ジャズ、ロック、フォーク、ダブ、レゲエ、映画音楽…と多彩なジャンルから選ばれた、美しいメロディや心地良いグルーヴを持った優しさにあふれた楽曲を収録。その選曲はレアなものからクラシックスまで、彼の豊富な音楽知識の中から抽出されたもので、藤原ヒロシというフィルターを通し、何処かで楽曲同士が繋がり合っている様な印象を受ける。

波の音や小川のせせらぎ、鳥のさえずりなども効果的に使われたMIXの流れはとても自然なもの。
彼の多大なる音楽への愛が感じられる、美しく素晴らしいMellow Madness。

Track Listing

01. Jack Nitzsche / One Flew Over The Cuckoo's Nest(Ending Theme)
02. Bobby Womack / (If You Don’t Want My Love) Give It Back
03. Gary Bartz / I've Known Rivers
04. Virginia Astley / From Gardens Where We Feel Secure
05. Jackson 5 / BEN (HF remix #4)
06. Marlena Shaw / Feel Like Making Love
07. Lonnie Liston Smith / Quiet Moments
08. Everything But The Girl / The Language Of Life
09. New Composers / La-La-La
10. Paul Davis / I Go Crazy
11. The Durutti Column / Favourite Painting
12. Janis Ian / Love Is Blind
13. Tim Story / Untitled
14. Hiroshi Fujiwara / Swan

Listen♪

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif

■ FreeTEMPO / The World Is Echoed (Forestnauts) CD [2003]

137.jpg
仙台を拠点として活動するDJ、作曲家の半沢武志のソロ・ユニットFreeTEMPO。イタリアはIRMA Recordsからも作品をリリースしています。

注目のそのサウンドは、ハウス・エレクトロニカ・ブラジリアン・ソウル・ジャズ・フュージョン・AORをも要素とし、しっとりとした質感の哀愁を漂わせる美しいメロディーと、心を揺さぶるエモーショナルなリズムが特徴的。音が体に浸透する様な感覚。

今までにミニ・アルバム『Love Affer』,セカンド『Oriental Quaint』,リミックス・アルバム『Imagery』とリリースしていますが、個人的にこのファーストが一番好き。特に好きな曲は「Refeeling」と、ビートレスの「Sky High (Clip Jazz Mix)」です。このアルバムに出会って、私の音楽の幅も大きく広がりました。邦人アーティストに対する見方を考えさせられた1枚です。

TRACK LISTING

1 Tuning
2 Sky High
3 Etued
4 Vamos A Bailar
5 Refeeling
6 Reclaudia
7 Duet
8 Twilight
9 Resaudade
10 Sky High (Clip Jazz Mix)
11 New Days
12 The World Is Echoes And Suits

LISTEN: http://www.freetempo.net/forestnautsmusic.html

関連サイト: FreeTEMPO.net

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif

■ Robin Millar / Kiss & Tell (Nujaz) CD [2002]

200501.gif
80年代前半にSade、Everything But The Girl、Weekendなどのプロデューサーとして活躍し、自身もギタリスト・シンガーであるロビン・ミラーのソロ・アルバム。

結構前にDMRで見つけて、ジャケが気になって購入。サウンドは非常に洗練された上品でクールネスに溢れたNu Jazzといった仕上がりに。ゲスト・ヴォーカルにはIve Mendes、Patricia Kaas、Amar、Peppercornが参加。Sadeのクラシック、Sweetest Tabooのカヴァーも収録。この人のセンスには脱帽ですよ。

TRACK LISTING

01. Sing It Brother
02. The Sweetest Taboo ( with Peppercorn)
03. Love has Gone (with Ive Mendes)
04. Does Anybody
05. Sardines
06. You'll Never Know
07. Summer Rain (with Amar)
08. 98%
09. Crocodile
10. Solid Man
11. Pariscope
12. A New Wave ( with Ive Mendes)
13. Tout Comfort (with Patrica Kass)

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif

  
________________________________________
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。