■ Various (Jay Dee A.K.A. J Dilla) / Recipe For Tasty Donuts (K-JAH MUSIC) 2CD [2006]

935.jpg
Jay Deeが生前最後に制作した『Donuts』は既にこのブログでも御紹介しましたが、このCDはその『Donuts』でドープにコラージュされていた元ネタを集めたコンピレーション。2枚組で全35曲収録、そして完全初回限定プレスの紙ジャケ仕様です。
何処の何方かは存じ上げませんが、ここまで完璧に収録されるとJ Dillaへの多大なる愛とリスペクトを感じずにはいられません。『Donuts』と聴き比べて味わうも良し、そのまま味わうも良し。一度で二度おいしいコンピレーションです。ファンは勿論チェックで。J Dilla R.I.P.

TRACK LISTING

DISC.1
01. Shuggie Otis / Not Available
02. 10cc / The Worst Band In The World
03. 10cc / Johnny, Don't Do It
04. Lil Brown / Light My Fire
05. Detroit Emeralds / Whatcha Gonna Wear Tomorrow
06. Dionne Warwick / You're Gonna Need Me
07. Eddie Kendricks / People...Hold On
08. Kool & The Gang / Fruitman
09. Galt Macdermot / Golden Apple Pt.2
10. Jackson 5 / All I Do Is Think Of You
11. Gene & Jerry / You Just Cant Win
12. L.V.Johnson / I Don't Realy Care
13. Raymond Scott / Lightworks
14. Mountain / Long Red
15. Stevie Wonder / For Once In My Life
16. Smokey Robinson & The Miracles / A Legend In Its Own Time

DISC.2
01. The Sylvers / Only One Can Win
02. The Escorts / I Can't Stand(To See You Cry)
03. Tin Tin / Family Tree
04. The Jimi Entley Sound / Charlie's Theme
05. Martha Reeves / Sweet Misery
06. Luther Ingram / To The Other Man
07. Trammps / Rubber Band
08. The Undisputed Truth / Walk On By
09. Jerry Butler / Just Because I Realy Love You
10. The Three Degrees / May Be
11. Isley Brothers / Don't Say Good Night
12. The Moments / To You With Love
13. Motherlode / When I Die
14. _B_L_A_N_K_
15. The Cyrkle / The Visit (She Was Here)
16. Dave Grusin / The Colorado Trail
17. Trina Broussard / Inside My Love
18. L.T.D. / Love Ballad
19. Modulations / Share What You Got,Keep What You Need

LISTEN: http://diskunion.net/clubh/search_result.php?type=2&for=3&kwd=23306

関連サイト: dilla.biz
J-dilla-.jpg

J Dilla Rest In Peace.

■ Sweetback / Sweetback (Epic) CD [1996]

sweetback.jpg
このSweetbackというバンド、知っている方もいると思いますが、実はSADEのバックバンドです。彼等が1996年にリリースしたファースト・アルバムを御紹介。メンバーはAndrew Hale,Paul S. Denman,そして中心人物のStuart Matthewmanの3人からなるユニット。このバンドにシャーデー・アデューを加えるとSADEになります。
サウンドはSADEのそれと似ていますが、さらに深いサウンドプロダクションで、エレクトロニカ,ダウンテンポの要素がより強く、リラックスして聴ける作風。個人的にすごく好きなバンドです。基本的にインストものですが、ヴォーカルものも数曲収録しており、Amel Larrieux、Maxwell、Leroy Osbourne、さらにラッパーのBahamadiaと個性的なゲストが参加。この人選はさすがです。白眉なのは、シングルカットされた『You Will Rise』でしょう。オリジナルも素晴らしい完成度ですが、UK盤のシングルにのみ収録のStuart Matthewmanによる「Cottonbelly's PG Mix」は本気でヤバイです。

TRACK LISTING

01. Gaze
02. Softly Softly
03. Sensations
04. Natural
05. Arabesque
06. You Will Rise
07. Chord
08. Walk of Ju
09. Hope She'll Be Happier
10. Come Dubbing
11. Cloud People
12. Powder

LISTEN: http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=171691&GOODS_SORT_CD=101

関連サイト: You Will Rise PV

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif



■ Victor Davies / Hear The Sound (Afro Gigoro) CD [2006]

PCCY1767.jpg
ロンドン在住の天才シンガーソングライター/マルチプレイヤーであるVictor Daviesの3枚目となるアルバムを御紹介。
前作まではクラブ的な要素も多く含んでいましたが、今作ではソウル、ジャズ、ボサノヴァといったアコースティックなアプローチをより深めた、落ち着きのあるサウンドで心機一転。そのサウンドはまるで陽だまりの様にあたたかいもので、晴れた休日に聴きたくなるような極上品。ささやくように歌う彼の声も優しく、心地良いそよ風の様です。
自身初となるJoao Gilbertoの愛娘Bebel Gilbertoとの共演曲「Comigo (With Me)」は2005年グラミー賞にノミネートされた佳曲。また彼自身のオールタイム・フェイヴァリットだというFree Soulでも有名なJohn LucienやThin Lizzyのカヴァーを収録。優しく心に響くこのソウル・ミュージックは世代を超えて愛されるであろう傑作です。

TRACK LISTING

01. Day By Day
02. Comigo (With Me) feat. Bebel Gilberto
03. Would You Believe In Me
04. Gold & Diamonds
05. Victor Davies (Interlude)
06. If I Ruled the World
07. Til You Come Home
08. Mini Cab (Interlude)
09. One More Time
10. Girl
11. So Good for Me
12. End of Time
13. Missing World
14. Don’t Believe a Word
15. Dance (For Japan Only)

LISTEN: http://www.juno.co.uk/ppps/products/203461-01.htm&highlight=victor%20davies

関連サイト: myspace.victordavies : afro gigolo

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif
Victor Davies - Hear the Sound

■ D'Angelo / Brown Sugar (EMI) CD [1995]

642.jpg
ヴァージニア州出身のシンガー・ソングライター/マルチプレイヤーのD'Angeloが1995年にリリースした「Brown Sugar」を御紹介。
Brian Mcknightと制作した、映画「Jason's Lyric」のOSTに収録のBlack Man United名義の傑作ナンバー「U Will Know」で名をあげた彼のこのファーストは、当時のR&B界に革命をもたらせた。それは後にMaxwellやRahsaan Patterson等でも聴くことの出来る『ニュー・クラシック・ソウル』という流れを生み出した歴史的傑作。彼の90年代以降のシーン与えた影響はあまりにも大きく、後世のそれと比べても、彼こそがオリジナルであるが故に異質で、特別です。
サウンドはJazz、Soul、Gospel、Funk、HIP HOP等のエッセンスを生楽器の質感で見事に昇華させた唯一無二のもの。ゴスペル仕込みの、何か人を引き付ける様な独特の歌声は官能的でもある。何はともあれ、聴いて頂ければわかる完璧な作品です。ちなみにタイトルの「Brown Sugar」とはマリファナの事。全曲必聴です。

TRACK LISTING

01. Brown Sugar
02. Alright
03. Jonz in My Bonz
04. Me and Those Dreamin' Eyes of Mine
05. Shit, Damn, Motherfucker
06. Smooth
07. Cruisin'
08. When We Get By
09. Lady
10. Higher

LISTEN: http://www.mp3.com/albums/168663/summary.html?from=52536

関連サイト: YOUTUBE: D'Angelo / Brown Sugar

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif
D'Angelo - Brown Sugar

■ Rahsaan Patterson / Love In Stereo (MCA) CD [1999]

B000028TU9.01.MZZZZZZZ
以前も紹介した大好きなRahsaan Pattersonのセカンドアルバムを御紹介。本作はデビュー・アルバムに続きMCAから1999年のリリースです。プロデュースを全編彼が手掛けたこの作品は、スロウとミッドのみで派手さは全くといっていい程無いんですが、聴くごとにその味わい深さを感じる1枚。サウンドが主張し過ぎないので、彼の歌声が非常に生きた素晴らしい作品です。現在、彼のリリースされたアルバムの中では一番好きなアルバムです。特にお気に入りの曲は「Treat You Like A Queen」,「It Ain't Love」,「Get Here」です。

TRACK LISTING

01. Treat You Like a Queen
02. Sure Boy
03. It's Alright Now
04. Do You Feel the Way I Do
05. Friend of Mine
06. Day
07. It Ain't Love
08. Humor
09. Moment
10. So Right
11. Any Other Love
12. Get Here

LISTEN: http://www.hmv.co.jp/product/detail/992348

関連サイト: myspace.rahspace : rahsaan.com

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif
Rahsaan Patterson - Love in Stereo

■ Amel Larrieux / Infinite Possibilities (550music) CD [2000]

20060619-infinite.jpg
「Tell Me」の大ヒットで、御存知の方も多いかと思います、Groove Theoryの女性ヴォーカリスト、アメル・ラリューのソロ・アルバムを御紹介。サウンド的にGroove Theoryとは対照的なこのソロ・デビュー・アルバムは、全ての楽曲を彼女自身が手掛けており、そのタイトル通り、彼女の無限の可能性を秘めた才能を、余す事無く堪能できる作品です。その歌声を形容するとすれば、独特の吸い込まれるような透明感。今まで多くのアーティストを聴いてきましたが、彼女に似た声を持つ人はいなかったと思います。収録曲はオーガニックかつ、エキゾチックなスロウが中心で、ダウンテンポの様ですが、彼女の歌声が乗る事により独特の音世界を作り上げています。優しく包み込まれるような1枚。

TRACK LISTING

01. Get Up
02. I N I
03. Sweet Misery
04. Searchin' for My Soul
05. Even If
06. Infinite Possibilities
07. Shine
08. Down
09. Weather
10. Make Me Whole

LISTEN: http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/ES/AmelLarrieux/download/d1.html

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif
Amel Larrieux - Infinite Possibilities

■ ?uestlove (The Roots) / Babies Making Babies: Vol2 : The Misery Strikes (BBE) CD [2006]

B000ANVPIS.01._AA240_SCLZZZZZZZ_
ヒップホップ・バンドRootsのプロデューサーであり、ドラマーでもある?uestlove(クエストラヴ)の選曲によるソウル・コンピレーションの第2弾を御紹介。
収録された楽曲はどれもがメランコリックでハートウォーミング、そしてビタースイートなヴォーカルが印象的な色褪せることのない名曲の数々。メロウ・ソウルの入門編としては極上の内容です。特にお気に入りはインストで短いんですが、The BlackbyrdsのMother And Son Bedroom Talkです。

TRACK LISTING

1 Ohio Players / Our Love Has Died
2 The Blackbyrds / Mother And Son Bedroom Talk
3 Betty Davis / Anti Live Song
4 DJ Rogers / If you Did'nt Love Me (Don't Go Away)
5 Al Green /How Can You Mend A Broken Heart?
6 Albert King / I Almost Lost My Mind
7 Stevie Wonder Presents Syreeta / Cause We've Eneded As Lovers
8 The Delfonics / I'm Sorry
9 Natalie Cole / Good Morning Heartache
10 Bobby Womack / That's The Way I Feel About 'cha
11 Jermaine Jackson / You're supposed To Keep Your Love For Me
12 Avarage White Band / One Look Over My Shoulder (Is this Really Goodbye?)

LISTEN: http://www.amazon.com/Babies-Makin-Misery-Strikes/dp/B000ANVPIS

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif

■ Eric Roberson / The Appetizer (Blue Erro Soul) CD [2005]

395.jpg
Musiq、Jill Scott、Dwele等に楽曲を提供した経歴を持つシンガー・ソングライター、Eric Roberson。彼はかつて、メジャーとソロ契約を結び「The Moon」という曲をを93年に発表。今作は彼の3枚目となるアルバム。

サウンドはアーバンでメロウ、かつセクシーで、ソウルフルで温かみのある誠実な歌声が特徴的。タイトルの「アペタイザー」とは「前菜」という意味で、当初は5曲のEPとしてリリースされる予定だったそうだが、結果は10曲収録というお腹いっぱいの前菜となった。デビュー曲の「The Moon」も収録。

TRACK LISTING

01. n2u feat. Marsha from Floetry
02. What I Gotta do
03. Painkiller
04. Hesitation
05. Just A Dream
06. Softest Lips
07. Mama Told Me
08. The moon
09. We Can't Preten
10. Luv Of Da Game feat. Raheem And V

LISTEN: http://www.hmv.co.jp/product/detail/1434395

関連サイト: ericrobersonmusic.com

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif
Eric Roberson & Marsha Ambrosius - The Appetizer

■ J Rawls / Essence Of Soul (Polar) CD [2005]

B000ANHGOU.01._AA240_SCLZZZZZZZ_
Lone Catalysts、Fat Jonとの3582としても活動するトラック・メイカー、J Rawlsのソロ名義サード・アルバム。

この作品はラップ・アルバムでは無く、彼のバック・グラウンドである『SOUL』ミュージックに焦点を絞った、全編歌モノです。類稀なる彼のサンプリング・センスが凝縮されたトラックは実にソウルフル。そのトラックを華麗に歌い上げるのはEric Roberson、Middle Child、Tavaris、Venus Malone等のマイナーながらも実力派のアーティスト達。先日Stones ThrowからアルバムをリリースしたAloe Blaccの名も。紛れも無く『SOUL』の詰まったアルバムです。傑作。

TRACK LISTING

01. Interview
02. Smile Again / J Rawls & Tavaris
03. Pleasure Before Pain / J Rawls & Eric Roberson
04. Woman Enough (The Apology) / J Rawls & Middle Child
05. Soul (Again And Again) / J Rawls & Middle Child
06. Inhale Exhale / J Rawls, Venus Malone & Wordsworth
07. Questions / J Rawls & Tavaris
08. Inside Of Me / J Rawls & Middle Child
09. Miss You (Bring It Back) / J Rawls & Jonell
10. Ill Connect / J Rawls & Sol Uprising
11. What If / J Rawls & Middle Child
12. Bailar / J Rawls & Aloe Blacc

LISTEN: http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1463806

関連サイト: J-RAWLS.COM

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif
J. Rawls - The Essence of Soul

■ Dwele / Subject (Virgin) CD [2003]

dwele~~~~~~_subject~~_101b.jpg
モーター・シティー、デトロイトが生んだ才能、Dweleのファースト・アルバムを御紹介。

リリース当時は「ポスト・ディアンジェロ」なんて言われ方もしましたが、似て非なる天才シンガー・ソングライター。フェンダー・ローズにベース、ギター、トランペットまで演奏するマルチ・プレイヤーの彼は、StevieやDonny Hathaway、Minnie Riperton等を聴いて育ったそう。彼の作り出すそのサウンドとスムースな歌声は、極上の一体感を織り成すソウル。独特のソウルフルなヴァイブを持ったサウンドは、形容のしようが無いです。J Dillaにも似た浮遊感を体感してもらうしかありません。

今作に収録されている『A.N.G.E.L.』はあのGilles PetersonのMIXCDにも収録。またSlum Village、J Dilla、Bahamadiaとの共演やClub方面のアーティストの楽曲のリミックスもこなす。様々な形のソウル・ミュージックにリンクする彼の才能は、正にこのBLOGで紹介されるべきものです。是非聴いて頂きたい作品です。

TRACK LISTING

01. Poppa Yo (Intro)
02. Truth
03. Find a Way
04. Twuneanunda
05. A.N.G.E.L. (Interlude)
06. Day at a Time
07. Subject
08. Sho Ya Right
09. Money Don't Mean a Thing
10. Hold On
11. Kick Out of You
12. Without You
13. Whoomp (Interlude)
14. Lady at Mahogany
15. A.N.G.E.L. (Reprise)
16. Let Your Hair Down

LISTEN: http://www.amazon.com/Subject-Dwele/dp/B000094FFL

関連サイト: DWELE.NET myspace.dwele

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif
Dwele - Subject
  
________________________________________
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。