■ Roman Andrén / Juanita (P-vine) CD [2008]

raman andren.jpg

カテゴリーはBossa Nova/Brazilにしましたけど、これはスウェーデン出身のキーボーディストで、シンガーでもありDJもする、Roman Andrénという人物の『Juanita』という作品。

以前、確かまだ寒い時期でしたが、メーカーから届いたサンプル盤を聴いて、コレは良い!と思いオーダーしたところ、お客さんの反応はやはり良かったです。何とも心地よいアナログの質感が漂うサウンドは、70年代の名盤と比べても、何ら遜色のない素晴らしい作品。晴れた日に聴きたくなる様なグルーヴィーでダンサブルなものから、サウダージな感覚に包まれるメロウなものまで、捨て曲はひとつもないBrazilian Jazz。

myspaceに記載されている彼が影響を受けたという音楽は、Quincy Jones, Roy Ayers, Deodato, Bob james, Lonnie Liston Smith, George Duke, Marvin Gaye, Walter Vandalay, Sergio mendes, Marcos Valle, Henry Mancini, Jobim, Morricone and many many others.だそうな。

自信をもってオススメです。

Track Listing

01. Let's Live Forever, Love Listen♪
02. Bumblebee Listen♪
03. Juanita Listen♪
04. O Sapo-the Frog Listen♪
05. It's Nice Listen♪
06. Long Ago And Far, Far Away Listen♪
07. Til Another Day Listen♪
08. If Tomorrow Will Come (I Don't Know) Listen♪
09. O Mundo E Seu-the World Is Yours Listen♪
10. You Never Told Me Listen♪
11. Vasto Como O Ceu-vast As The Sky Listen♪
12. Vento Do Verao-summer Breeze Listen♪
13. Love Has A Name (Bonus Track For Japan)

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif

Roman Andr?n - Juanita

■ Jackson Conti / Sunjinho (Kindred Spirits) CD [2008]

jackson conti.jpg

長らく更新出来ずに申し訳ありません。
その代わりと言ってはなんですが、今回はこの季節に気持ちの良い作品をご紹介です。

ご存知、Stones Throwの奇才MadlibことOrtis Jackson Jr.とブラジルのフュージョンバンドAzymuthのドラマーIvan ‘Mamao' Contiによるユニット、Jackson Contiの「Sujinho」です。ジャケ写も特徴のある、良作を数多く生み出していることで知られるオランダのKindred Spiritsからリリース。HMVの店頭で何気なく気になり手に取った作品。

往年の名曲のカヴァーが多く収録された本作は、写真家、B+のドキュメンタリー・フィルム『Brasilintime』を通してセッションを共にしたことが布石となり、このプロジェクト「Jackson Conti」は実現。サウンドは期待以上。Madlibの才能とブラジル音楽の持つメロウネスが溶け合うことによって産み落とされた気持ちの良い素晴らしい作品です。

まだあまり話題になっていない様なので、今のうちに要チェックですね。個人的にはGeroge Dukeの「Brasilian Sugar」のカヴァーと「Sao Paulo Nights」が好きです。

Track Listing

01. Mamaoism
02. Barumba Listen♪
03. Anna De Amsterdam (interlude)
04. Praca Da Republica Listen♪
05. Papaya Listen♪
06. Brasilian Sugar Listen♪
07. Sao Paulo Nights Listen♪
08. Xibaba Listen♪
09. Upa Neguinho Listen♪
10. Casa Forte Listen♪
11. Amazon Scroll Listen♪
12. Berimbau Listen♪
13. Anna De Amsterdam (reprise)
14. Waiting On The Corner Listen♪
15. Tijuca Man
16. Nao Tem Nada Nao Listen♪
17. Sunset At Sujinho Listen♪
18. Segura Esta Onda Listen♪

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif

関連商品

■ Paul Winter & Carlos Lyra / The Sound Of Ipanema (Sony) CD [1993] オリジナル1964

sound of ipanema.jpg

今回は久しぶりにボサノヴァの名盤をご紹介したいと思います。Paul Winter & Carlos Lyraが残したリオ・デ・ジャネイロ録音の『The Sound Of Ipanema』をご紹介です。

ボサノヴァに魅せられたアメリカのウエスト・コースト・ジャズを代表するアルト・サックス奏者Paul Winterと、多くの名曲を残すブラジルのシンガー、Carlos Lyraのコラボレート作。全曲Carlos Lyraの作品で、有名な曲ばかりなんですが、Milton Banana(Drums)、SebastiaovNeto(Brass)、そしてSergio Mendes(Piano)という最高のメンバーで紡ぎ出された作品は、非常に洗練されたムード溢れるものとなっています。優しいCarlos Lyraの歌声とギター、Paulのメロウなサックス。完璧な名盤です。

こんなメロウなムードの作品を聴きながら休日を過ごす。この作品はそんな贅沢な休日をお約束いたします。

Track Listing

01. Voce E Eu (You and I) Listen♪
02. Se E Tarde Me Perdoa (Forgive Me If I'm Late) Listen♪
03. Maria Ninguem (Maria Nobody) Listen♪
04. De Quem Ama (For Whom Love) Listen♪
05. Quem Quizer Encontrar O Amor (Whoever Wants to Find Love) Listen♪
06. Aruanda Listen♪
07. Coisa Mais Linda (The Most Beautiful Thing) Listen♪
08. O Morro (The Hill) Listen♪
09. Mas Tambem Quem Mandou [What Made Me Do It] Listen♪
10. Tem Do de Mim (Don't Make Me Love) Listen♪
11. Lobo Bobo (The Big Bad Wolf) Listen♪

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif

■ Tenorio Jr. / Embalo (Som Livre) CD [オリジナル:1964]

271.jpg
Bossa Novaの原点であるJazz Sambaのクラシック。ブラジルのジャズ・ピアニストのテノーリオ・ジュニオールが当時23才の64年に残した唯一のソロ作とされているのがこの作品。基本はピアノ・トリオですが、曲によってはサックス、ヴィオラォン、トロンボーンなども絡んできます。クラブ系コンピにも収録される人気曲収録のジャズ・ボサのマスター・ピース。
この盤で一般的に『良い』と言われるトラックは「Nebulosa」と「Fim De Semana Em Eldorado」ですが、個人的に好きなのは「Clouds」です。「Nebulosa」はA.Y.B. Forceの『Carioca Moon』でもサンプリングされてて良かったですね。1枚通して理屈抜きに良いです。休日に浸っていたい1枚です。最近ボンバから国内盤でリイシューもされました。

TRACK LISTING

01. Embalo
02. Inutil Paisagem
03. Nebulosa
04. Samadhai
05. Sambinha
06. Fim De Semana Em Eldorado
07. Nectar
08. Clouds
09. Consolacao
10. Estou Nessa Agora
11. Carnaval Sem Assunto

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif

■ Various / Paz E Futbol Compiled by Jazzanova (Sonar Kollektiv) CD [2006]

1454543013031.jpgワールド・カップで世間が盛り上がっていた頃にひっそりとリリースされたこのアルバム。あまり知られていない様ですが、選曲はなんとジャザノヴァ。現代のドイツにおいて最高峰に属する音楽的感性の集合体とも言えるこのグループが選曲ですよ。しかも自身のレーベルSonar Kollektivからのリリースです。
レコード・コレクターとしても有名な彼等が、ブラジル系音源を、その膨大なコレクションの中から20曲も選曲。ARTHUR VEROCAIやMARCOS VALLE、TENORIO Jr.といったレジェンド達の楽曲から、SIRUS BやCHRIS & NINA等、現代のアーティストまでムラなく選曲。ジャザノヴァのサイド・プロジェクト、PATHLESSの「GODDESS」なんかも収録。歳をとる毎にブラジル音楽に魅力を感じるのは私だけでしょうか。ジャザノヴァが選曲しただけあってダンサブルな楽曲が中心。個人的にはトラック08と15,16が特にお気に入り。これは良いです。

TRACK LISTING

01 Marcos Valle / Paz E Futebol
02 Arthur Verocai / Presente Grego
03 Edu Lobo / Vento Bravo
04 Pathless / Goddess
05 Burnier & Cartier / Mirandolina
06 Boca Livre / Um Canto De Trabalho
07 Amanita / Just Like A Rainbow
08 Tenorio Jr. E Seu Conjunto / Nebulosa
09 Joao Bosco / Escadas Da Penha
10 Orlann Divo / Beleza Nao Vai Embora
11 Sirius B / Samba Selvagem
12 Copa 7 / So-Lucios
13 Emilio Santiago / Vem Menina
14 Burnier & Cartier / So Tem Lugar Pra Voce
15 Patricia & Orlando / Samba Walk
16 Marcos Valle / Estrelar
17 Djavan / Maria Das Mercedes
18 Leci Brandao / Questao De Gosto
19 Chris & Nina + Friends / Mash Banana
20 Conjunto 3D / Caminhada

LISTEN: http://www.amazon.com/Paz-E-Futbol-Various-Artists/dp/B000E8JNWY

関連サイト: SONAR KOLLEKTIV

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif

■ Antonio Carlos Jobim / Stone Flower (CTI) CD [1970]

603.jpg
ブラジルが生んだ偉大なる作曲家、詩人、そしてボサノヴァの創始者Antonio Carlos Jobim。ボサノヴァの世界では彼を法皇と呼ぶようです。そしてTom Jobimとも呼ばれます。

まずはこのジャケット、堪りません。聴けば聴くほどに作品(Jobim)の真価に近づくことができるような…、紡ぎ出される儚さと美しさの同居。心が奪われるとはこのことか。心の中を綴った様な、ある意味抽象的な世界。『Wave』や『Tide』が有名ですが、この作品も半端じゃない名盤であることは確か。

TRACK LISTING

1 Tereza My Love
2 Children's Games
3 Choro
4 Brazil
5 Stone Flower
6 Amparo
7 Andorinha
8 God And The Devil In The Land Of The Sun
9 Sabia
10 Brazil [Alternate Take]

LISTEN: http://www.hmv.co.jp/product/detail/1254603

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif
Antonio Carlos Jobim - Stone Flower
  
________________________________________
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。