■ Nicolas Jaar / Space Is Only Noise (Circus Company) CD [2011]

nicolas jaar.jpg

知るきっかけとなったのは、以前、Gilles Petersonのラジオ「World Wide」で楽曲がかかっており、仕事中にも関わらず、すぐにチェックしたアーティスト、Nicolas Jaarの1stアルバム『Space Is Only Noise』をご紹介です。

NYはブルックリン在住の21歳。昨年話題となったJames Blakeとよく比較されたりしてますが、サウンドはそれよりも温かみのあるもので、エレクトロニカ,Downtempo,HIPHOP,クラシック,JAZZ,アンビエント等がクロスオーバーした、独自の世界観を描き出しています。

個人的にはJames Blakeよりもこちらの方が好み。前衛的ながら、何度通して聴いても飽きることなく深みがます作品です。

Track Listing

01. Être Listen♪
02. Colomb Listen♪
03. Sunflower Listen♪
04. Too Many Kids Finding Rain in the Dust Listen♪
05. Keep Me There Listen♪
06. Problems with the Sun Listen♪
07. Space Is Only Noise If You Can See Listen♪
08. Almost Fell Listen♪
09. Balance Her In Between Your Eyes Listen♪
10. Specters of the Future Listen♪
11. Trace Listen♪
12. Variations Listen♪
13. ^tre Listen♪

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif
Space Is Only Noise - Nicolas Jaar
HMV ONLINE.jpgicon

■ Urbs & Cutex / Breaks Of Dawn (Hong Kong Records) 2LP [2002]

UrbsCutex.jpg

オーストリアはウィーンのビート職人2人組、Urbs & Cutexによる『Breaks Of Dawn』をご紹介です。

A Tribe Called Questの名盤『Midnight marauders』を意識したジャケ写も印象的なジャジー・インスト・ヒップホップ。ネタ感溢れるサンプリングとループに、Black MoonやLauryn Hill、Redman等のヴォイス・サンプルをのせたセンスの良い作品です。今までに幾度となくMixtapeに収録されてきたメロウな名曲『Up & Down』を収録。DJする時にアクセントとして使える曲、多数収録です。

Track Listing

01. Breaks Of Dawn Tourguide
02. Up & Down Listen♪
03. In The Morningtime Listen♪
04. Banana Joe
05. Huh?! Listen♪
06. Interlude 1
07. Intro Record 2
08. On & On
09. Cruel Listen♪
10. Kleinkind (W/Intro)
11. Interlude 2
12. Back In The Days
13. Wont Stop Listen♪

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif

■ NickNack / Improving Silence (Octave) CD [2004]

nicknack.jpg

CDしか聴かない方にはほぼ無名に近いかと思います。USはテキサスで活動するトラックメイカー/DJのNickNackの『Improving Silence』をご紹介です。

2003年夏にリリースされた先行シングル"Mustard Seed"が、あの仙台のヒップホップ・グループGagleの代表作"雪の革命"と同ネタだったこともあり、渋谷界隈で話題となったNickNack待望のフル・アルバム。続くシングル"Soul Nourishment"も日本国内のみで2000枚以上セールス!と、HMVのレビューをサンプリングしてみましたが、とにかくアルバム1枚通して素晴らしいInst Hiphop/Down Tempo。雨音をバックに、ジョアン・ジルベルトの『'S Wonderful』をサンプリングしたオープニングから世界へ引きずり込まれます。1曲だけヴォーカルが乗った曲もあり。

トラックはサンプリングとトランペット等、生音を合わせた作り方なんですが、彼の持つセンスと世界観が色濃く表れた独特のサウンド。内向的で叙情的。myspaceではジャンルをNu Jazzと括ってるのも頷けます。

ゆったりとリラックスしながら彼の創り出す世界に身を委ねてみて下さい。タイトルが示す通りです。

Track Listing

01. Improving Silence
02. Mustard Seed Listen♪
03. Simple Shortcomings
04. Wind Parade
05. Fighting Facts Listen♪
06. In Hind Sight Listen♪
07. Soul Nourishment Listen♪
08. Human Experience Listen♪
09. Suitable Modulation
10. Salt Of The Earth Listen♪
11. Edify
12. Root To The Fruit
13. Got To Be* Bonus Track For Japan
14. On The Table* Bonus Track For Japan

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif

■ Kero One / Windmills Of The Soul Instrumental (Plug Label) CD [2007]

kero one inst.jpg

新年明けましておめでとうございます。なかなか新しい記事を書く時間が無く、更新が少なくなってしまってますが、今年も良い音楽を紹介していきますので、どうぞよろしくお願い致します。

さて、2008年の一発目は以前オリジナル・アルバムをご紹介したKero Oneのデビュー作にしてクラシックWindmills Of The SoulのInstrumental盤です。

Windmills Of The Soulの詳しい事に関してはこちらで読んで頂くとして、このインスト盤はトラックだけでも十分楽しめます。Kero Oneの創り出すトラックは完成度が高い事を改めて実感しました。ラップは勿論好きなんですが、気分的にトラックだけが聴きたい時ってありますよね。そんな時に最高です。CDで紹介してますが、私はLPで持ってます。オススメです。

Track Listing

01. Windmills Beats
02. Give Thanks
03. Musical Journey
04. My Story
05. In a Dream
06. Tempted
07. In All the Wrong Places
08. Keep it Alive!
09. The Cycle Repeats
10. Fly Fly Away
11. Check The Blueprints
12. Space Cadets (BONUS)
13. Just Groovin' Homes (BONUS)

Listen♪
オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif

■ Samon Kawamura / Translations (Nesola) CD [2007]

samon kawamura.jpg
今回御紹介するのは、現在ベルリンを拠点に活動する日系ドイツ人のトラックメイカー、Samon Kawamuraの『Translations』です。

彼といえば、02年発表のジャズ・トランペッターTill Bronner『Blue Eyed Soul』の共同プロデューサーとして知られているそうですが、今作は完全なるHip Hopのインスト・アルバム。ファットなビートに温かみのあるサンプリングネタ、効果的に挿入されるスクラッチ、自身でも楽器を演奏し生音を加えてトラックを構築しているそうな。

60〜70年代のジャズやソウルに多大な影響を受けた彼のサウンドは実にソウルフルで煙たい、聴けば聴く程に味わい深い渋い作品。コレは良いです。こんなトラックをいつかは作ってみたいです。

Track Listing

01. Intro
02. All About You
03. Black Star
04. U Nu
05. One And One
06. Timeless Space
07. Somiya
08. Everlasting
09. Reflections
10. As We Come
11. You Are The Only One
12. Destination Blue
13. Astral
14. Aaragon
15. Air
16. Tokyo Love
17. Poeple
18. How Long?
19. Last Call
20. Outro
21. Wake Up

Listen : http://diskunion.net/clubh/ct/detail/070610HH009

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif

■ DJ Unwind / Truth Beyond The Beat (Libyus) CD [2007]

DJ UNWIND(HP).jpg
今回御紹介するのは、ミネアポリスを拠点に活動するDJ/トラックメイカーDJ Unwindのアルバム『Truth Beyond The Beat』です。

日本では知名度も低いうえ、この地味なジャケ写ではなかなか手に取りづらいですが、サウンドは好内容の全編インスト・ヒップホップ。J DillaPete RockDJ Premierから影響を受けたと言うだけあり、ピアノやサックス、ホーン、フェンダーローズ等、Jazzyなネタがトラックを彩ります。印象としてはSlum VillageP.P.P.のプロダクションに近いかと思います。

私はこういうの、結構好きなんです。特に2・5・7曲目あたり。

Track Listing

01. Understanding
02. The Truth
03. All I Know
04. Just Ride (Interlude)
05. Midwest
06. Think Back
07. Seasons
08. Scratch (Interlude)
09. Without Love
10. Loungin
11. Ending of the Beginning

Listen : http://www.libyus.com/blog/2007/08/libyus_distribution.html

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif

DJ Unwind - Truth Beyond the Beat - Understanding

■ Waajeed / BPM Instrumentals (Bling47) CD+MIXCD [2003]

waajeedbpminstru.jpg
デトロイト・ヒップホップ・シーンの重要人物として、J Dillaと共にシーンを支え続けてきたプロデューサー/トラック・メーカーのWaajeedことRobert O'Bryant。SaadiqとのユニットPlatinum Pied Pipersでの活動でも知られる彼が、2003年にリリースしたインスト・トラック集『BPM Instrumentals』を御紹介です。

この方の才能は(好みもありますが)本気でヤバイと思います。硬いトラックにメロウでソウルフルなウワモノ、スペイシーかつスモーキーなWaajeed独特のサウンド・センスが、このインスト集で存分に堪能できます。メロウなトラックからタイトなものまで、レンジも結構あり、どれもが素晴らしい作品です。個人的ベスト・トラックは『Fat Asia』ですかね。J Dilla亡き今、間違いなくデトロイトのこれからを担う存在になると思います。今年、2007年に予定されているP.P.P.のアルバムにも期待です。

このCDにボーナスで『Best Kept Secret』が付いてきます。つまり私は『Best Kept Secret』を2枚持ってることになります。ま、いーか。

TRACK LISTING

01. Beat Down Intro
02. Clap It Up
03. Clean Slate
04. Fat Asia
05. Cake
06. Elzhi
07. Starz
08. Beneath The Sun
09. Tron
10. Ess Villa
11. Vangel
12. Me and You
13. Doc
14. Scales

LISTEN: http://www.clickgroove.com/waajeed-beat-down-intro-p-12137.html

関連サイト: bling47.com : myspace.waajeedandthebling47group

■ Oddisee / Instrumental Mixtape Vol.2 (Harf Tooth) MIXCD [2006]

HTR6013CD.jpg
結構アンダーグラウンドなアイテムだと思いますが、聴いてるうちに癖になった作品を御紹介です。Jazzy Jeff「Magnificent」、J-Live「The Hear After」、Kev Brown「 Do What I Do」、Foreign Exchage「Connected」と錚々たる作品を手掛けるA Touch Of Jazz屈指のトラック・メイカー兼、MCもこなすOddiseeのインスト・ミックス・アルバム。ATOJの一員ということで気にはなってたんですが、聴いてみてなるほど、と納得。
そのスモーキーなサウンド・センスが半端なく素晴らしいトラック。インストだけで聴かせてしまう職人技と言える、高い音楽センスが伺える中毒性のあるサウンドは、Madlib、やJ Dilla、J Rawlsと比較せざるを得ない程です。インスト全24曲がかなりの高水準です。個人的には「She Remembers」,「Who Has The Time」,「Hear My Dear」,「Soul Clap - Remix」,「As The World Turns」あたりが好み。是非聴いてみて下さい。

TRACK LISTING

01 Stylin
02 Brother
03 She Remembers
04 Chuck Brown
05 V3
06 Iz U Wit It
07 The Walls
08 Hey
09 Trust - Remix
10 Who Has The Time
11 Bring Back
12 Hindsight
13 Listen
14 Love At First Sight
15 Funk For You!
16 Free Fall - Remix
17 Searchin
18 Hear My Dear
19 Hottness
20 The Quickening
21 Soul Clap - Remix
22 Newtimers
23 Aaw Yeah
24 As The World Turns

LISTEN: http://www.undergroundhiphop.com/store/detail.asp?UPC=HTR6013CD

関連サイト: myspace.oddisee : halftooth.com

オンラインストアで購入

Oddisee - Instrumental Mixtape


最近ではJazzy JeffがMIXを担当した「Foot in the Door」をリリースしてます。
cover.jpg
LISTEN & オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif
Oddisee - Foot In the Door (Mixed By DJ Jazzy Jeff)

■ J Dilla a.k.a. Jay Dee / Donuts (Stones Throw) MIXCD [2006]

j.dillla
このBLOGでは何度となくフィーチャーしているJ DillaことJames Yanceyの生前、最後に作ったアルバムが本作。

スタジオと病院を行き来しながら制作していたというこのアルバムは全てがインストで、2分にも満たない楽曲を全31曲収録。Outroから始まり、ソウル、ヒップホップネタを独特の切り口でカット&ペーストした、J Dillaにしか作り得ないトラックで展開される。

正直、私は一回聴いただけでは理解出来ませんでしたが、聴く毎に分かってくる天才の仕事。ここまでくると神業です。
タイトル『Donuts』はJ Dillaの好物でもありますが、OutroからIntroまで全てを聴けばその由来が分かるはず。間違いなく歴史的名盤です。Track29 『Bye.』で泣きそうになりました。


TRACK LISTING

01. Donuts (Outro)
02. Workinonit
03. Waves
04. Light My Fire
05. The New
06. Stop
07. People
08. The Diff'rence
09. Mash
10. Time: The Donut of the Heart
11. Glazed
12. Airworks
13. Lightworks
14. Stepson of the Clapper
15. The Twister (Huh, What)
16. One Eleven
17. Two Can Win
18. Don't Cry
19. Anti-American Graffiti
20. Geek Down
21. Thunder
22. Gobstopper
23. One for Ghost
24. Dilla Says Go
25. Walkinonit
26. The Factory
27. U-Love
28. Hi.
29. Bye.
30. Last Donut of the Night
31. Donuts (Intro)

LISTEN: http://www.hmv.co.jp/product/detail/1448180

関連サイト: Stones Throw : Dilla.BIZ

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif
J Dilla - Donuts


■ Jay Dee Of The Ummah (J Dilla) / Vintage: The Official Jay Dee Instrumental Series Vol.2 (bling47.com) CD [2003]

vintage_m.jpg

Jay Deeによる、1992年から1996年までのUmmah時代に制作されたUnreleaseのインスト・トラックのみを収録したシリーズ2作目。

黒いキック、乾いたスネア、Jay Dee印の極上のウワモノが乗ったワンループのトラック。メロウにレイドバックする究極の1枚。シンプルなインスト・トラックだけなのに、何故ここまで聴かせられるのか。これこそ『ビートの魔術師』と呼ばれる理由なのだろう。ふと聴きたくなる1枚です。今改めて見ると、ジャケのMPCが寂しげで切なくなります。

TRACK LISTING

01. It's Dope
02. Kamaal
03. Doo Doo
04. The Skip
05. Get Down
06. Dreamy
07. Coastin
08. The Dee
09. Earl
10. On The 1
11. Circus
12. Grannie
13. Trashy

LISTEN: http://www.juno.co.uk/products/206213-01.htm

関連サイト: Bling47.com

オンラインストアで購入
buy-from-tan.gif

  
________________________________________
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。